広告 webライター フリーランス

勉強しない社会人の末路とは?勉強を継続するコツも解説

ますます変化が激しくなっている現代において、勉強しない社会人はどのような末路をたどるのかを解説します。

また、勉強が苦手な社会人の方のために、勉強を継続するコツも解説するので参考にしてください。

勉強しない社会人の末路

勉強しない社会人の末路として考えられるのは、主に以下の5つです。

  • 市場価値が下がる
  • 選択肢が減る
  • 似た物同士でつるむ
  • 思考力が低下する
  • 経済的に損をする

それぞれ詳しく解説します。

市場価値が下がる

勉強しない社会人は、何かに特化した知識やスキルがないため、ビジネスマンとして市場価値が下がる可能性が高いです。専門知識や専門的なスキルを必要としない仕事をすることになるので、結果的に安い労働力として消費される可能性があるでしょう。

ちぃ
簡単に言うといつでも替えがきく存在になってしまいます

技術革新のスピードが加速している現代では、昨日までの知識や技術がすぐに時代遅れになる可能性があります。そのため、継続的に勉強しない社会人は、あっという間に時代に取り残されるでしょう。

選択肢が減る

勉強をしない社会人は、人生におけるさまざまな選択肢が減る可能性が高いです。特にキャリアにおいては、市場価値が下がることで、新しい職業の道や昇進の機会が限られてしまいます。

ちぃ
歳をとるほど転職では基本的に不利です

選択肢が減るのはキャリアだけではありません。人間関係においても同様です。学びの場に出向くことがないため、知識やスキルを持った優秀な人間との出会いが減り、自己成長につながるような刺激や情報を得にくくなります。

また、生活スタイルにおいても選択肢が減るでしょう。たとえば、経済的な自由度が低くなると、住む場所や趣味への投資、旅行などの生活の選択肢も限られることになります。

似た物同士でつるむ

勉強しない社会人は、似たような考え方を持つ者同士で集まりがちです。そういったコミュニティにいると、ますます学びの価値を見いだせなくなります。その結果、個人の価値観や考え方が凝り固まり、自己成長の機会を失うでしょう。

ちぃ
一緒にいる身近な人々の年収の総額をその人数で割ると、大体自分の年収と同額になる、なんて話も有名です。

思考力が低下する

勉強をしない社会人は思考力が低下しがちです。なぜなら、新しい知識や視点に触れる機会が減るので、古い情報や既存の価値観に依存するようになるからです。

「なぜ?」と問う好奇心や「どうやって?」と解決策を考える能力が衰え、結果として、単純な作業しかできなくなる可能性があります。

経済的に損をする

勉強をしないことで経済的損失を被るケースは少なくありません。例えば、税金の知識がなければ、節税できるチャンスを逃してしまうかもしれません。また、投資や貯蓄に関する情報に疎いと、資産を増やす機会を見逃すこともあります。

さらに、国や地方自治体の提供する補助金や助成金制度など、自分が利用できる公的支援を知らないことで、受け取れるはずのサポートを得られないケースもあるでしょう。

社会人の平均勉強時間

総務省統計局が令和3年に調査した結果によれば、働く人々が週に「学習・自己啓発・訓練」に充てる時間は平均してわずか7分だそうです。ちなみにこのデータには勉強時間が全くない人も含まれています。

ただ、誤解してはいけないのは、必ずしも怠けている人がすべてではないということです。勉強をしたいと思っても、忙しさから時間を確保できない人も多くいます。また、勉強をする明確な動機や目標がなかったり、費用面で勉強できなかったりする人もいるでしょう。

参考:令和3年社会生活基本調査の結果|総務省統計局

社会人が勉強しない理由あるある

勉強しない社会人の理由は、おおよそ以下の3つに絞られます。

時間がないから

おそらく勉強しない社会人の大半の理由はこちらでしょう。独身ならまだしも、家庭がある人にとって、勉強時間を確保することは中々難易度が高いはずです。

ちぃ
だからこそ、朝活のようなブームが起きたのだと思います。

モチベーションが続かないから

始める時はやる気に満ち溢れていても、時間が経つにつれて興味が薄れたり、目標達成するまで気力を維持できなくなることがあります。

ちぃ
副業で稼ぐことを目標に勉強を始めた人が陥りやすいです。

何を勉強すべきかわからないから

最後に、「何を勉強すべきかわからない」という理由もあります。興味のある分野が多すぎる、または逆に特に興味が持てる分野が見つからないなど、学ぶべき内容を決めること自体が障壁になることもあります。また、「これ」というものが見つかっても、誰から学べばいいのか、どの教材が自分に合っているのかがわからず、中々始められない人もいるでしょう。

勉強しない社会人の末路を回避するコツ

勉強しない社会人が先述したような末路を回避するには、コツがあります。ここでは3つのコツを紹介するので、参考にしてください。

嫉妬や悔しさを利用する

社会人が勉強を続けるコツの一つに、嫉妬や悔しさといった負の感情をモチベーションに変える方法があります。例えば、テレビ、YouTube、SNSなどで成功している人々を見て「いいな」「うらやましい」「ずるい」「くやしい」と思った経験は誰にでもあるでしょう。

これらの感情を単なる嫉妬として終わらせるのではなく、自分も同じような成功を収められるように、モチベーションに変えるわけです。

ちぃ
負の感情だけで終わらせるのはもったいないです

たとえば、タレントの武井壮さんは若い時にスポーツで輝かしい成績を残したにもかかわらず、全く稼げていない状況に絶望したことがあるそうです。テレビタレントに憧れを抱き、「どんな能力があればテレビに出れるのか?」「どうすれば何の一芸もない自分が芸能界で戦えるのか?」を考えました。そうして多くの試行錯誤と努力を積み重ねた結果、現在のような成功を手にされています。

ちぃ
嫉妬や悔しさを感じたときには、それを「なぜ彼らは成功したのか?」「どうしたら自分もそうなれるか?」という問いに変えるのがポイントです。

継続可能な範囲で始める

大切なのは、無理なく続けられる範囲で始めることです。初めから高い目標を設定しすぎると、たいてい挫折します。毎日15分から始めるなど、自分のライフスタイルに合わせた小さなステップからスタートしましょう。

そうやって小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、徐々に勉強時間を増やせるようになります。

相性の良い方法を知る

勉強を継続するコツの一つに、自分に合った学習スタイルを見つけ出すことがあります。

たとえば、一人で静かな環境で集中するのが好きな人は図書館での学習が向いているかもしれませんし、グループでのディスカッションが好きな人はンラインの学習グループや勉強会に参加するのが良いでしょう。

また、学習コンテンツの形式にも書籍、動画講座、オーディオブック、アプリなど、いろいろあります。自分にとって最も学びやすい、勉強が楽しいと思える方法を見つけましょう。

社会人にオススメしたいライティングの勉強

もし何も勉強することが決まっていないのであれば、社会人の方にオススメしたいのが「ライティングの勉強」です。「ライターなんてオワコンでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、実はそんなこともないので、ぜひ読んでみてください。

ライティングはすべての基本

ライティングスキルは、あらゆる職業において重要な基礎能力と言えます。実際、論理的な思考力やわかりやすく伝える能力は、プレゼンテーション、レポート、メールのやり取り、さらには日常のコミュニケーションにおいても役立ちます。

特に、ライティングスキルの中でも重要なのが「セールスライティング」です。セールスライティングは、商品やサービスを魅力的に紹介し、顧客の購買意欲を引き出すための重要なスキルです。

このスキルは、コンビニでの買い物ネットショッピングといった日常生活の中でも自然と養われます。

ちぃ
たとえば、Amazonで買い物していて、説明文を一度も読まずに購入する人はまずいないですよね。メルカリで不用品を売るときも同様です。書き方1つで売れ方は全然変わります。

また、セールスライティングの基本である行動心理学を理解することで、人の行動や意思決定の背景にある理由を深く理解できるようになります。これは、日常生活でのコミュニケーションやビジネスシーンにおける交渉、マーケティングなど、あらゆる場面で役立ちます。

ライティングスキルが活きる場は広範囲

ライティングスキルが活きる現場は広範囲に及びます。筆者自身、これまでは「転職業界」「不動産業界」「WEB業界」「健康食品業界」「中古品買取業界」「飲食業界」「出版業界」など、さまざまな業界で仕事をしてきました。また、職種の選択肢も多いのがライティングスキルの良いところです。

  • SEO対策用の記事作成
  • LP制作
  • 動画台本制作
  • ホームページ制作
  • ソーシャルメディアの運用
  • 広報・PR
  • 書籍の制作

ざっと思いつくだけでもこれくらいあります。

さらに、ライティングは個人のブランディングにも役立ちます。ブログやSNSを運用して自分をブランディングさせる上で、ライティングスキルは不可欠です。

ちぃ
まず学んでおいて損はないと思います。

ライティングはAIとの相性が抜群に良い

「でもライターってAIに奪われる仕事の代表格じゃないの?」と思う人もいるかもしれません。確かにそういう見方もできますが、厳密には奪われないと私は考えています。

AIを利用すれば、文章の作成、編集、内容の校正などが速やかにおこなえますよね。これにより、ライターはクリエイティブな作業に集中できるので、より質の高い文章を短時間で生み出せるようになります。つまり、AIを使いこなすライターになればいいのです。

ちぃ
それこそ、AIの勉強をしているかどうか、使いのなせるかどうかで、今後スキル格差が広がっていくでしょう。

勉強しない社会人の末路についてのまとめ

勉強は誰かに強制されてやるものではありません。自分の力で、自分の人生をより充実させるために必要なことです。

もしもあなたが社会人で、これまであまり勉強をしていなかったとしても、勉強するのに遅すぎることは絶対にありません。「ああはなりたくない」という末路が見えているなら、全力で回避しましょう。

  • この記事を書いた人

ちぃ

WEBライター歴13年目/フリーランス10年目/現在のクライアントは東京1社・大阪2社・高知1社/業務はSEO・DRM・ディレクション等

-webライター, フリーランス