chatGPT webライター

Chat GPTをSEO対策で利用する2つのメリットと方法

Chat GPTをSEO対策に利用することはできるの?どうやるの?

こちらの記事ではこのような疑問に回答します。

ちぃ
Chat GPTは便利ですが落とし穴も結構あるので、Webライターの方は要チェックです!

Chat GPTをSEO対策で利用するメリット

まずはChat GPTをSEO対策で利用する2つのメリットを紹介します。

メリット⑴記事を制作する負担が減る

SEO対策をするには、

キーワード選定

構成案作成

記事執筆

大きくこの3つの工程がありますが、Chat GPTを活用できそうなのは主に構成案作成と記事執筆です。

ターゲット

タイトル

記事や構成に入れたいキーワード

文字数

これらの条件を指定して指示することで、構成案や記事の制作を助けてくれます。

ただし、筆者が試している限りでは、構成案も記事も1発でOKの内容だったことがありません。クオリティは高くないので、必ず自分で修正をしています。

メリット⑵データ加工の負担が減る

記事を作成する前の情報収集の際、データ加工に役立ちます。

例えば、SNSについて調べる際に「人気のあるSNSのユーザー数とサービス開始時期をランキング形式で一覧表にして」と指示すると、以下のように瞬時に表を作成してくれます。

ただし、Chat GPTの回答にはまだミスも多くあることがわかっています。コンテンツとして活用する際は、必ず真偽をチェックしましょう。

Chat GPTをSEO対策で利用する方法

こちらでは実際にChat GPTをSEO対策で利用する方法を紹介します。

方法⑴キーワードの選定

キーワード選定に慣れていない場合、Chat GPTに助けてもらうことが可能です。

たとえば、「あなたはSEO対策のプロです。プログラマーになりたい人をターゲットにしたWebサイト用の記事を書きたいのだけど、どういう複合キーワードで検索すると思う?例を20個教えて」と指示を出すと、以下のようになります。

方法⑵校正をお願いする

Chat GPTは文章の生成だけでなく、すでに出来上がった文章の校正も可能です。

「以下の文章の誤字脱字を修正してください。どこを直したのか、最後にリストにして教えて」と入力し、文章を指定すると、瞬時に校正してくれます。

 

方法⑶編集をお願いする

Chat GPTは構成だけでなく編集もしてくれます。

  • 難しい表現や専門用語をわかりやすくしてくれたり
  • 抽象的な表現で終わっている内容に具体例を追加してくれたり
  • 自然な形で文字数を調整してくれたり
  • 構成で過不足があれば調整してくれたり

文章の微調整は意外と時間がかかるので、かなりの時間短縮につながります。

方法⑷ペルソナを考えてもらう

SEO対策をするためには、必ずペルソナを設定した上で記事を制作する必要があります。

ペルソナとは、記事を書く際に基準とする読み手の人物像です。

ペルソナの項目

  • 年齢
  • 性別
  • 生活スタイル
  • 住んでいる場所
  • 収入
  • 趣味
  • 家族構成
  • 何に喜びを感じるか
  • 何に悩みストレスを感じるか

このように項目を指定した上で、記事のペルソナを考えてもらうことが可能です。

例えば、「プログラマーになりたい人をターゲットにしたWebサイト用の記事を書きたいのだけど、以下の項目に沿ってペルソナを作成して」と指示すると、以下のようになります。

方法⑸構成の作成をお願いする

構成案の作成をお願いする際は、タイトルやターゲット、キーワードなど、最低限の条件を提示してあげましょう。具体的には以下の通りです。

完成した構成案が微妙な時は、改善の指示を追加で出せば、瞬時に改善案を出してくれます。

Chat GPTでSEO対策をする際の注意点

Chat GPTはSEO対策の作業負担を軽減できる点でメリットがありますが、注意も必要です。

知らずに乱用すると、むしろSEO対策としては逆効果になるリスクもあります。詳しくは以下の通りです。

内容が間違っていることがある

ChatGPTを使用する際、提供される情報の正確性に注意が必要です。

というのも、ChatGPTの知識は訓練データに基づいているため、最新の情報や特定の専門知識が欠けている場合があります。

そのため、SEO対策としてコンテンツを作成する際は、必ず信頼性の高い情報源を確認することが重要です。

他のサイトと似通った内容になることがある

ChatGPTは一般的な情報に基づいて回答を生成するため、他のサイトの内容と似たり寄ったりになる可能性があります。

SEOでは他のサイトと重複するコンテンツの評価が低くなるため、ChatGPTを使う際は編集によって個人的な体験などのオリジナリティを出すことが重要です。

バージョンによっては情報が古いことがある

ChatGPTのバージョンによっては、最新の情報が含まれていないことがあります。

そのため、特にテクノロジーやトレンドに敏感な分野でのSEO対策においては、最新の情報を別途確認し、記事に反映させる必要があります。

グーグルの評価基準を満たさない可能性がある

Googleの検索エンジンは、ユーザーにとって有用なコンテンツを高く評価します。文章としては読みやすくても、専門性や信頼性に欠ける場合は評価が低くなる可能性があります。

実際、AIが書いたかどうかを判別する仕組みはすでに存在しているので、Chat GPTが書いた文章をそのままコピペして使うようなことは避けた方がいいでしょう。

参考:品質評価ガイドラインの最新情報(google)

まとめ

Chat GPTをSEO対策に活用することは、今後も増えていくことが予想されます。

しかし、どこまでいってもコンテンツはユーザーファーストで作ることが重要です。あくまで作業を部分的に楽にしてくれるもの、という認識をしておくといいでしょう。

  • この記事を書いた人

ちぃ

WEBライター歴13年目/フリーランス10年目/現在のクライアントは東京1社・大阪2社・高知1社/業務はSEO・DRM・ディレクション等

-chatGPT, webライター