webライター

Webライターは甘くない?13年目が独立の現実や年収事情を解説

「webライターは甘くないって聞くけど、実際どうなの?」

こちらの記事ではこのような疑問に対して、未経験の方がゼロからWebライターとして独立する方法を紹介します。

ちぃ
私はWebライター13年目です。確かに甘くはない側面はありますが、そこまで高いハードルでもないと感じています。

なぜか?理由は色々ありますが、実はライター業界はライバルがそこまで強くないのです。

Webライターとして独立してフリーランスになりたい方は必見の内容ですので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

Webライターが甘くないと言われる理由

そもそもなぜ「Webライターは甘くない」と言われるのか、その理由を4つのカテゴリーに分けて解説します。

落とし穴がある場所を先に知っておけば、Webライターになってから壁にぶち当たる可能性がぐっと下がりますので、参考にしてみて下さい。

お金に関して

お金に関して甘くないと言われる理由は、主に以下の2つです。

生計を立てられないから

フリーランスのWebライターは、基本的にクライアントから仕事を受注して報酬を稼ぎます。

しかし、かけだしのWebライターの報酬単価の相場は一般的にかなり安いです。

例えば、クラウドソーシングサイトの『クラウドワークス』に掲載されている募集案件を見ると、文字単価で1円以下の案件がたくさんあります。

文字単価ベースで仕事を受注した場合、どれだけ時間をかけて書いても報酬額は文字数を基準に計算されるのです。

ちぃ
「時給換算をしたらアルバイトの方が全然マシじゃん!」と気づいて、モチベーションが下がる人は多いですね。

仮に、文字単価が1円の案件だとすると、月20万円の報酬を得るためには月に20万文字を書かなければなりません。

週5で稼働しても、1日最低1万文字は書かなければいけない計算になります。

ライティングには、実際に書く作業以外にリサーチや推敲の時間が必要ですので、あまり現実的なプランとは言えないでしょう。

このように、生計を立てられないことから、Webライターは甘くないと判断する人は少なくありません。

高単価・高時給案件を受注できないから

高単価案件や高時給案件を受注できずに苦戦する人もいます。例えば「文字単価5円〜」「時給3000円〜」などの案件です。

このような好条件の案件は、経験豊富な中堅やベテランのWebライターに依頼される傾向があります。

そのため、案件に応募してもスキルや経験が足りずに落選が続き、挫折してしまう人が少なくありません。

業務に関して

業務に関して甘くないと言われる理由は、主に以下の3つです。

労働時間と報酬が釣り合わないから

かけだしのWebライターは、文字単価で仕事を受注することが多いです。

そのため、労働時間と報酬が釣り合わず、「だったら別のことで稼ごう」と思う人もいます。

例えば、文字単価1円で5000字の記事を書くのにリサーチや推敲を含めて8時間使ったとすると、報酬は5000円なので時給は625円です。

厚生労働省の調査によると、2022年の国内最低時給は853円ですので、それよりはるかに低い時給になります。

労働時間を短縮するか、文字単価を上げるかしないと、かなり辛い労働になるでしょう。

参考:「令和5年度 地域別最低賃金 答申状況」(厚生労働省)

知らないジャンルを書くのが難しいから

Webライターはあらゆる業界の仕事をできることが魅力の1つです。

  • 飲食
  • 旅行
  • 健康
  • ダイエット
  • 医療
  • 不動産
  • 金融・投資

などなど、活躍の場は数多くあります。

しかし、逆を言えば、自分が携わるジャンルは慎重に選ぶ必要があるのです。

自分が全く知らないジャンルの記事を書くことは、少々ハードルが高いと言えるでしょう。

その業界の基礎知識を叩き込み、入念にリサーチをしなければ、内容の濃い記事を書けないからです。

ちぃ
報酬が良いからという理由で無闇に知らないジャンルに足を踏み入れると、自分の首を絞めることになります。

興味のないジャンルを書くのがきついから

ある意味「知らないジャンル」以上に難しいのが「自分が興味を持てないジャンル」です。

私の個人的な経験として、興味が持てないジャンルを書くことはオススメしません。

なぜなら、自分が興味を持って調べて、それを誰かに伝えたいという気持ちが根底にないと、質の高い記事は書けないからです。

また、「本当は興味が全くない自分」と「興味を持とうとする自分」を両立させようとすると、メンタルに支障が出やすくなります。

フリーランスのWebライターの中には、仕事を途中で投げ出して連絡が取れなくなったり、精神的な病気になる人が少なくありません。

その原因の1つに、お金のために興味のないジャンルを書くことに疲れてしまうことが挙げられるでしょう。

クライアントに関して

クライアントに関して甘くないと言われる理由は、主に以下の2つです。

担当者と相性が合わないから

筆者はこれまで数十社と仕事をしてきましたが、中には相性が合わない担当者の方もいました。

私自身、かけだしの頃は選り好みしている余裕がなかったので、相性が合わなくても仕事を引き受けていたのです。

参考までに、私が相性が合わないと思う人の特徴は以下の通りです。

  • 無理なスケジュールを強要してくる
  • 言葉遣いがきつい
  • 頻繁に電話をしてきて作業を中断させられる
  • 横柄な態度を取る

現在は、これらの特徴に該当する人とは、どれほど好条件な案件だとしても一緒に仕事をしないと決めています。

簡単に仕事を失う可能性があるから

Webライターが業務委託契約を結ぶ場合、契約期間が3ヶ月であることは決して珍しくありません。

契約が更新されなければ、翌月からその案件から得ていた収入は途絶えます。

中には半年から1年を契約期間とする案件もありますが、それほど多くないと言えます。いつ仕事を失ってもおかしくない状況にさらされるため、甘くないと感じる人はいるでしょう。

Webライターとしての適性に関して

Webライターの適性に関して甘くないと言われる理由は、主に以下の2つです。

孤独感に耐えられないから

フリーランスのWebライターは、基本的に1人で作業をします。

毎日1人で作業をし、1人で悩み、1人で今後のキャリアプランを考える必要があるため、人によっては孤独感に耐えられない可能性があるでしょう。

逆に言えば、誰にも気を遣わずに1人で黙々と仕事をするのが好きな人には向いています。

ちぃ
筆者はそのタイプの人間なので、おかげさまで10年近く続けられています。

自分を売り込むのが苦手だから

Webライターは、自分で仕事を探し、自分を売り込む必要があります。

私自身、営業は大の苦手ですが、独立当初はあまりに仕事が無かったので、起業家向けの交流会に参加して営業活動をしていました。

今はオンラインで仕事を見つけられるサービスがたくさんありますが、自分を売り込む必要があるのはオンラインでもオフラインでも同様です。

プロフィールを作り込んだり、オンライン面接で自分をPRしたりする必要があります。そういうことが苦手な人は、仕事を取るのに苦労する可能性があるでしょう。

「Webライターは甘くない」と感じる人の共通点

続いて、Webライターは甘くないと感じてしまう人の共通点を6つ紹介します。

経験やスキルが不足している

私は、3年間ベンチャー企業でWebライターの下積みをしてから独立しました。

そのため、ライティングの基礎を一通り習得した状態でフリーランスになれたわけです。

ライターとして軸となる書き方やフリーとしての行動指針は、経験によって培われる部分が多いです。

そのため、Webライターとしてもフリーランスとしても1年目となると、あらゆる局面で経験不足やスキル不足を感じる場面があるでしょう。

得意分野がない

Webライターの募集案件を見ていると、「●●の分野でライティング経験がある方優遇」などの文言を目にします。

つまり、何かしらの得意分野があれば、好条件で仕事を受注できる可能性があるのです。

逆に、得意分野がないと競合との差別化が難しいため、その他大勢の候補者の中に埋もれる可能性が高まります。

安い案件ばかり受注している

かけだしの時期は、安い案件でも仕方なく受けることがあります。

しかし、ある程度の経験や実績を積んだら、徐々に案件を精査して選ばないと、便利に使われ続けることになります。

特に気をつけて欲しいのは、「断るのが苦手な人」です。

「付き合いがあるから」「嫌われたくないから」などの理由で安い案件ばかり受けていると、自分を安売りするのが当たり前になってしまいます。

継続案件を受注できていない

フリーランスのWebライターにとって、継続案件の獲得は重要です。

継続案件があれば、毎月の売上や年間の売上の目処が立ちやすいためです。

逆に、単発案件や成果報酬型の案件ばかりを受注すると、売上が安定しないため、精神的にも余裕がなくなります。

売り込み方が上手くない

筆者はWebライターだけでなくWebディレクターの仕事もしているため、採用面接をすることもあります。

そこで感じるのは、売り込み方が上手な人とそうでない人がいるなぁということです。

  • 見た目や話し方が暗かったり
  • 報酬面のこだわりが強すぎたり
  • 募集内容と過去の経験がミスマッチしていたり

このような人は、選考に落ちやすい傾向があります。

Webライターとしてのスキル以前に、1人の人間として一緒に仕事をしたいと思わせることができるかが重要です。

キャリアプランを描けていない

フリーランスのWebライターは自分でキャリアプランを考える必要があります。

数年後にどのような仕事をやっていたいのか、どのようなライターと思われたいのか、将来のビジョンから逆算して仕事を選び、必要なスキルを身につける必要があるのです。

私の場合、数年後でも需要がありそうなジャンルやポジションの経験を、前倒しで積むことを常に意識しています。

甘くないと言われるWebライターで独立する5ステップ

Webライターとして独立するのは確かに甘くはありません。しかし、計画的にキャリアを踏めば決して難しくはないでしょう。

ちぃ
実際、私はWebディレクターの仕事もしていますが、優秀なWebライターはそう多くないと感じています。

ここ数年でWebライターの数は増えたかもしれませんが、独立して食べていけるほどのライターは限られています。

こちらの記事を読んでくれている方には、私の13年の経験をもとに、最短でWebライターとして独立する5ステップを紹介するので、参考にして下さい。

STEP1:最低限の知識を身につける

これからWebライターとして独立したい方にまずオススメしたいのは、最低限の知識武装です。

  • Web業界の動向
  • Webライターの種類
  • ライティングの基礎

最低でもこの3つは押さえておくといいでしょう。詳しくは以下で解説します。

Web業界の動向

「木を見て森を見ず」という言葉があるように、Web業界を俯瞰して理解しておくことが重要です。

例えば、以下のような情報です。

  • 2021年にインターネット広告費がマスコミ広告費を初めて上回った
  • ChatGPTによってライターの業務内容が変わりつつある
  • TikTokが急速に市場を拡大しているが、アメリカでは規制が強まっている
  • Googleが「YMYL領域」のWebコンテンツの規制を強化した
  • Googleが対話型AIを発表したことで、SEOへの影響が懸念されている
  • ランサーズによると、2021年にフリーランス人口が約600万人増加した

全てを把握することは当然できませんが、大まかに知っておくことで情報に振り回されにくくなるでしょう。

どこのジャンルで、どのようなポジションでWebライターをするのかを検討する際に役立つはずです。

Webライターの種類

一言にWebライターと言っても、厳密にはかなりの種類があります。

どのような選択肢があるのかを知った上で、自分に適したWebライターを選ぶといいでしょう。

例えば私の場合、元々セールスライターとして活動していましたが、現在は主にSEOライターとして活動しています。

セールスライターを選んだ理由は、ベンチャー企業での下積み経験があったからです。

しかし、「成果報酬型の契約が多く、売上が不安定」「売る文章を書くのが好きではない」という理由から、途中で活動エリアを変更しました。

ちぃ
個人的にはその切り替えがかなり大変だったため、できれば最初から適性がある活動エリアを選ぶことをオススメします。

 

ライティングの基礎

ライティングの基礎は、どのWebライターを選ぶかによって具体的な内容が異なります。

SEOライターになるのであれば、SEO対策用の書き方を学ぶ必要がありますし、セールスライターになるのであれば、行動心理学を学ぶ必要があります。

基礎だけであれば本を買ったり講座を受けたりしなくても、ネット上で無料で触れられる情報で十分でしょう。

「●●ライターはどのようなルールで、どのような文章を求められるのか?」を理解することが目的です。

もちろん、本格的に学びたい方は専門書籍を購入するのもありです。

ちぃ
私はベンチャー企業での下積み時代、アルバイトから正社員になるのに必死だったため、通勤電車の中で辞典のように分厚いコピーライティングの本を毎日読み込んでいました。

STEP2:単価を無視して経験を積む

経験も実績もないライターに好条件な案件が転がり込んでくることはまずないでしょう。

だからこそ、かけだしのWebライターに必要なのは「経験と実績」です。

そのため、最初は単価を無視してでも経験を積むことを優先しましょう。選り好みせずに数をこなすことで得られるものは主に2つあります。

1つは「ライティングスキル」です。

数をこなすことで語彙力の引き出しも書くスピードも上がります。

もう1つは「得意ジャンルの発見」です。

様々なジャンルの文章を書くことで、どのようなジャンルのライティングが自分が合うのかわかるでしょう。

スキルが上がり、得意ジャンルが定まってきたら、徐々に自分のスキルを安売りしていることに我慢できなくなっていきます。

その感覚が湧いてきたら、STEP2を終了していい合図です。

STEP3:実績の棚卸しをする

経験を積んだら、次に実績の棚卸しが必要です。

自分のプロフィールを強化してくれそうな実績を整理しましょう。

  • セールスライターであれば「LPの成約率が●●%」「売上げ●●%アップに貢献」など
  • SEOライターであれば「●●のキーワードで検索結果1位を獲得」「月間PV数●●のサイトを担当」など

このように実績を整理する際に重要なのが、クライアントの立場になって考えることです。

ちぃ
「自分がライターを募集する立場だとしたら、どのような実績があるライターを採用したいと思うか?」を考えましょう。

例えば、不動産系の記事を書けるライターを募集しているとしたら、仮に数ヶ月でも不動産系の記事を書いた経験があるライターの方が、未経験のライターよりも有利です。

狙っている案件から逆算して、「まさにこういうライターを探していた!」と思ってもらえるような実績をプロフィールに掲載するといいでしょう。

STEP4:単価・時給を上げる

実績の棚卸しをして、プロフィールを強化できたら、高単価・高時給案件に挑戦しましょう。

当然ハードルはこれまでよりも上がるので、不採用でも落ち込む必要はありません。

私自身、高単価・高時給案件に応募して落ちた経験は何度もあります。

クライアント側からすれば、数ある選択肢の中から最適な人材を選んでいるだけなので、不採用だからといって「自分は価値がないんだ」とは思わないことです。

「今回は縁がなかっただけ」と切り替えて、別の案件に応募しましょう。

高単価・高時給案件は、効率的に稼げることも大きなメリットですが、他にもメリットがあります。

それは「高単価・高時給で仕事を受注した」という実績を獲得できることです。

また、実績には大きく2種類あり、1つは「クライアントへの貢献度」、もう1つが「受注金額」です。

この2つの実績が揃った時、Webライターは圧倒的に仕事を獲得しやすくなります。

ちぃ
実際に私自身、今はエージェントサイトに過去の貢献度や受注金額を掲載しておくだけで、クライアント側から声をかけていただくこともあります。

STEP5:月額制の継続案件で固める

単発案件は単価が高い傾向にあるのでつい手が伸びがちですが、仕事のサイクルが乱されやすいので私はあまりやらないようにしています。

例えば、私が過去に受注した単発案件だと、企業の採用サイトやパンフレット用に、社員さんのインタビュー動画の書き起こしおよびリライトをする案件がありました。

ちぃ
コンテンツの量がかなり多かったため固定報酬で17万円程いただけましたが、3日ほどで終わらせたのでかなり効率的に稼げました。

しかし、このような案件を継続していただけた経験はありません。

私はそういった単発案件をたくさん受注するよりも、月額制の継続案件の割合を増やすことをオススメします。

その方が毎月の売上げの目処が立ちますし、メンタル的にも安定しやすいからです。

また、継続案件には単発案件にはないメリットがあります。

それは、報酬をいただきながら時間をかけて自分を売り込むことができる点です。

ちぃ
つまり、質の高い仕事を提供し続けることで信用を積み重ねて、「こういう仕事は基本この人に任せたい」と思ってもらえるわけです。

実際に私自身、継続案件のクライアントから別事業のサポートを依頼されたり、リモートでチームを組んでいる仲間から新規案件を紹介されたりすることがあります。

このように、月額制の継続案件には仕事の安定性というメリットだけでなく、信頼関係を構築することで長期的な繋がりを持てるというメリットもあるのです。

フリーランスのWebライターとして長期的に活動していくなら、私は月額制の継続案件をオススメします。

webライターが甘くないかは年収・時給の相場でわかる

こちらでは、参考までにWebライターの平均年収や平均時給を紹介します。

ただし、あくまで求人サイト上の情報から算出された平均値であるため、実際にはそれ以上の金額を稼ぐ人も、それ以下の人もいます。参考程度にご覧ください。

正社員

Webライターの正社員の平均年収は約448万円です。

2022年の日本の平均年収が403万円なので、50万円ほど高井数値となります。

派遣社員

Webライターの派遣社員の平均時給は1,700円です。

週5で1日8時間働いたとすると月に27万2000円、年間で326万4000円となります。

アルバイト・パート

アルバイト・パートの平均時給は1079円です。

最低賃金が最も高い東京が1071円ですので、標準的な時給と言えます。

参考:求人ボックス

Webライターとして独立するメリット

前章で紹介したように、Webライターには正社員や派遣社員、アルバイトとして働く選択肢もありますが、「独立」もまた選択肢の1つです。

ちぃ
「フリーランスのライターってなんか自由で楽しそう!」と思う人もいるかもしれませんが、現実ではメリットばかりでなく、しんどいこともあります。

そこでこちらでは、Webライターとして独立するメリットとデメリットを紹介します。

Webライターになる主なメリットは、以下の5つです。

メリット1:時間や場所の制約がない

Webライターに限った話ではないですが、時間や場所の制約を受けずに仕事ができます。

自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、ノートパソコンとネット環境さえあれば、基本的にどこでも作業が可能です。

私自身は、昔はカフェやコワーキングスペースで仕事をすることが多かったですが、パソコンをデスクトップに変えたかった事情もあり、今は自宅での作業がメインとなっています。

また、過去に台湾に長期滞在した経験もありますが、何の問題もなく仕事ができていました。

好きな時に休んだり、好きな場所に行って仕事をしたりできるのは、Webライターになる大きなメリットの1つです。

メリット2:服装も髪型も自由

フリーランスとして働くWebライターは、服装も髪型も自由です。

就業規則がないので、極端な話、金髪にしたり、Tシャツ短パンで仕事をしたりしても問題はありません。

私は個人的にスーツを着ると重度の肩こりを発症するので、ラフな格好で仕事をできる今の環境に大変満足しています。

メリット3:仕事量を自分で調整できる

自分の許容範囲に合わせて仕事の量を調整できる点もメリットです。

例えば、上半期にたくさん仕事をして、下半期は仕事を減らしてマイペースに減らすこともできます。

あるいは、疲れてどうしても仕事がままならない時は、平日であろうと気にせず休みにすることも可能です。

ただし、自分の疲れやストレスに鈍感な人は仕事をし過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。

メリット4:人間関係のストレスがほぼない

私の場合、毎日自宅で1人で作業をしているので、人間関係のストレスはほとんどないです。

上司に飲みに誘われることもなければ、同僚の愚痴を聞いたり、部下を気に掛けることもありません。

職場での人間関係にわずわらしさを感じている人や、自分の作業だけに集中したい人にはオススメです。

メリット5:高収入を目指せる

Webライターは工夫次第で高収入を目指せます。

いくら稼げば高収入と言えるかは判断が難しいところですが、年収700万円くらいは射程圏内と言えるでしょう。

例えば、Webライターとして経験を積むと、ライターさんを束ねるWebディレクターの仕事ができるようになります。

構成を作ったり、記事のチェックをしたりする仕事です。

ディレクターはライターと比べて報酬単価が高いので、私の過去の経験を元に計算すると、3社と長期契約できれば年収700万円は十分に到達できます。

もちろん、WebディレクターにならずにWebライターとして文字単価を上げる方法もあります。

あるいは、セールスライターとして成果報酬型の契約をし、成果が出れば年収1000万円超えも不可能ではありません。

どの程度の収入を目標にするかは人それぞれですが、工夫次第で高収入を狙いやすい仕事です。

Webライターとして独立するデメリット

Webライターになる主なデメリットは、以下の3つです。

デメリット1:福利厚生がない

フリーランスのWebライターは、会社員のように福利厚生の待遇を受けられません。

残業手当や家賃手当などがないことはもちろん、年金や健康保険も収入に応じて自分で負担する必要があります。

会社員の場合は手取り金額だけが口座に振り込まれるので、自由にお金を使えますが、フリーランスの場合はそのまま全額を使えるわけではないので注意が必要です。

デメリット2:人との関わりが薄れがち

私のように自宅に引きこもって作業をするWebライターは、人との関わりが薄れがちです。時には誰とも一言も話さずに1日を終えることもあるほどです。

そのため、私はあえて外出して人に会ったり、オンラインで会話したりするようにしています。孤独が苦手な人には合わない働き方と言えるでしょう。

デメリット3:運動不足になりがち

些細な問題と思われるかもしれませんが、厚生労働省の調査によると、日々の生活で座り過ぎている人はそうでない人と比べて肥満や病気にかかる割合が多く、寿命も短い傾向があるそうです。

そのため、近年アメリカや北欧ではスタンディングワークが浸透しています。

スタンディングワークとは、デスクワークを立ちながらおこなうことです。

私もかつて試してみましたが続かなかったため、今は定期的にジムに行って運動不足を解消しています。

参考:「座位行動」(厚生労働省)

Webライターは甘くない?に関してよくある質問

「Webライターはやめとけ」と言われました。なぜですか?

本記事の1章で紹介した「甘くないと言われる理由」のいずれかを知っている人の発言であると思われます。

確かに、ネガティブな情報を知っている人からすれば、Webライターになるのを止める気持ちもわかります。

しかし、本人に適性や才能があるかどうかは別の話です。

当サイトのほか、現役ライターさんのSNSやブログ、本などを見て、向いているかどうか考えてみて欲しいです。

Webライターになるには何から始めればいいですか?

まだぼんやりと「Webライターに興味がある」という段階なのであれば、最初の一歩として避けて欲しいのは、いきなりパソコンを購入してしまう行為です。

実際に、過去に私の友人が「ライターに興味がある」と言って、先走ってパソコンを購入したことがあります。

その後、彼は「やっぱりライターにはならないことにした」と言い、不要な出費をしていました。

もちろん、Webライターの仕事をするのにパソコンは欠かせないのですが、まずはWebライターという仕事や現実について知ることが先決と言えます。

Webライターという仕事のリサーチに必要な情報は当サイトに一通り揃っていますので、ぜひ他の記事も参考にしてみて下さい。

Webライター未経験者が月30万円目指すのって難しいですか?

本記事でお伝えした5つのステップをきちんと踏めば、決して不可能な金額ではありません。

また、難しいかどうかは、月30万円に到達するまでにどれくらいの時間をかけるのかによります。

経験や実績がゼロの状態で初月から月30万円を目指すのは、少々ハードルが高い印象です。

元々ある程度の文章を書くスキルがあり、スムーズに実績を積むことができれば、数ヶ月で到達することは難しくないでしょう。

Webライターは甘くない?についてのまとめ

どのような仕事にもキラキラ輝いて見える部分と、そうでない部分とがあります。ですので、Webライターは甘くないと感じる人がいるのは当然です。

しかし、本記事でお伝えしたように、きちんと段階さえ踏めば、Webライターとして独立することは難しくありません。

「文章を書く仕事がしたい」「文章でご飯を食べたい」という方はぜひ挑戦してみてください。

  • この記事を書いた人

ちぃ

WEBライター歴13年目/フリーランス10年目/現在のクライアントは東京1社・大阪2社・高知1社/業務はSEO・DRM・ディレクション等

-webライター